美容師伊藤の人生を変えたかもしれないドラマ5選

こんにちは。

伊藤です。

ふと、昔を振り返りました。

あぁ、そういえばあの時あんなことあったなぁ、あの時観てたドラマこんなんだったなぁ…

なんて、その時代時代に巡りめく僕の背景。

ということで、「僕の人生を変えた」かもしれないドラマを紹介していきます。

誰に言われたわけでもなく勝手に。

まずはこちら

image

出典:http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1165/

「オレンジデイズ」

これはもう誰もが憧れる青春ですね。

あぁ、大学生活ってこんなに素晴らしいものなのか…

大学行きたかった…なんて良く思ったものです。

オレンジの会に僕も入りたかったです。

こんな青春とは無縁な人生を送って来ました。

何回キュンキュンしたことでしょう。

しかし、その反面やさぐれました。

image

出典:http://blog.ryosuke-f.xyz/entry/2016/03/21/164540

「池袋ウエストゲートパーク」

言わずもがな男なら誰しもが「もしもし、まこっちゃ〜ん?」と言っていたことでしょう。

着信音はもちろんまこっちゃんと同じにしたことでしょう。

社会現象でした。

街を歩けばギャングがちらほらいました。

赤いジャージと青いジャージは着たら絡まれるので白いジャージを着ていました。

当時の最大のオシャレはジャージにキティーちゃんのサンダルでした。

余計僕の心はアウトローになりました。

image

出典:http://xoxoxo.weblike.jp/mobile.tv/愛なんていらねえよ、夏/

「愛なんていらねぇよ、夏」

多分知らない人の方が多いと思います。

簡単に言うとカリスマホストが莫大な借金を抱え、遺産を騙し取る話です。

最後まで低視聴率だったらしいです。

アウトローな純愛物語です。

渡部篤郎がかっこ良すぎて、ここで初めてこういう年の取り方をしたいと思いました。

今でもその気持ちは変わってません。

渡部篤郎になりたいです。

image

出典:http://ロケ地.net/archives/162

「リッチマン、プアウーマン」

これはまだ記憶に新しいドラマです。

石原さとみが可愛い。それだけでもいいんです。

が、内容も面白かった。

しかし、僕は日向にはなれないと実感しました。

天才です。

僕がスティーブジョブズを目指しているようなもんです。

正直無理でしょう。

が、夢を追うことの大切さと諦めない大切さを感じました。

今でも少し影響されています。

それが栃木市のIT美容師の誕生の一歩だったのかもしれません。

image

出典:http://matome.naver.jp/m/odai/2145344067019387701

「Beautiflu Life」

擦り切れるぐらい観ました。

今でも迷った時に観ます。

これを観て、僕の美容師人生がスタートしたと言っても過言ではありません。

美容師になった理由の半分はきっとこのドラマでしょう。

間違いなくきっかけの1つではあります。

そして、実際に美容師として働き、ドラマとのギャップにやられます。

あんな華やかじゃないから。

でも、美容師になってよかった。

そう思えます。

だって楽しいですもの。

楽しく仕事ができるなんて幸せじゃないですか。

そしてお客様を幸せにする仕事、やりがいありますよね。

きっと、なんだって、大切な人を思うことから全てが始まるんですよ。

相手がいない仕事なんてないのだから。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。