室内で見るカラーと屋外で見るカラーの違い

こんにちは。伊藤です。

最近のオーダーは

「透明感出して下さい」

THROWで染めて下さい」

が多いです。

本当、THROWさまさまです。

導入して良かった…

そして比較的暗めのオーダーが多いです。

これは僕の好みもあるのかもしれませんが…

image

THROWは染めた時にカラー剤の色がエグいんですが…青‼︎とかだったり。

それは気にしないで下さい。

じっと耐えて仕上がりを待ちましょう。

image

室内だと結構暗く感じますよね。

寒色系なのでトーンが同じ8レベルでも暗く感じます。

image

ですが、屋外で見てみると室内よりも明るいです。

明るすぎない明るさです。

仕事で明るいのNGの人にはもってこいです。

黒にしたいけど、黒じゃないのにしたい人にももってこいです。

もちろん明るくても透明感抜群でなんとも言えない色味を醸し出します。

まだ体験されていない方は是非体験してみて下さい。

栃木市ではどこよりも早く導入したTHROW。

この意味わかりますか???

栃木市ではどこよりも誰よりもTHROWを使いこなしている。

という事です。

新しい物を導入する時って、それなりに経験積まないとマスターできないですよね。

いや、まぁ、物がいいからそれなりにはできちゃうんですけどね、初めて使う物でも。

でも、「それなり」ですからね。

カラーはその人の髪質によって使う色味も明るさも様々です。

アッシュにしたいと言ってもアッシュ単品でいけるわけじゃないんです。

もちろんカラー剤によって発色も変わります。

結構奥が深いんですよね。

なのでTHROWで染めたかったら、透明感を出したかったら、栃木市で独走状態のGigiまでご来店下さいね。

THROWマスターがお待ちしております。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。