ガチ撮影始めて1年

こんにちは。伊藤です。

1年というものはあっという間で、去年の今頃から撮影のことを本気で勉強し始めました。

最初は右も左も何も分からず、ただ「オシャレな写真が撮りたい」って感じで始まり、ただただシャッターを押すだけ。

それでもやるのとやらないのは違くて、でも、やればやっただけ何が悪いんだかわからなくなり、泥沼にハマる一方でした。

ヘアが悪いの?写真が悪いの?いや、全部でした。

できる気になってただけで、できる人達から見たら全てがダメで、「いいの撮れた!」って思っててもそんなのはただの自己満で、そんなこと考えてる時点で上手くなりはしないんですよね。

誰にでもプライドってものがあるから、根底では「自分上手い」ってのが残ってたりして、でもそんなプライドがあるから成長しなかったり、今まで培ってきたものをパキって簡単に折られてフラストレーション抱えたりして。

それを自分の中で認められて先ず一歩。

この1年で目を養い、尊敬する方々に教わり、それでもまだまだ追いつけなかったり、現在地を突きつけられたり。

でも明らかに1年前とは違くて、成長はしてるって思えてはきてます。

ヘアにもっと拘りを、美容師なのだから先ずはそこから。

過去の自分の技術よりも今の方が圧倒的に成長を感じて、サロンワークに活かせる。もっともっと上手くなればお客様も喜んでくれる。

それでも写真も上手くなりたいって欲求もあって、絶対やらないって思ってたメイクも上手くなりたいって欲求も増えて

覚えれば覚えるほど、学べば学ぶほど欲求は止まらなくなりました。

学んで行動に移せる人なんて一握りで、それを続けられる人なんてもっと少なくて、そのずっと先にあるものが僕の目指してる位置で、いつの時代も「師匠は超えるもの」なんて聞いてきたけど、相当シビアな世界。

とりあえず今は栃木では圧倒的に走ってくよ。

なんて言ったら顰蹙買いそうだけど。

そんなんで満足すんなよって誰かに言われそうだけど。

僕の目指してる世界はとんでもなく広くて終わりもないし、それでもその中に飛び込むって決めたからやるしかない。

ひとつだけ後悔してるのは、もっと早く始めれば良かった。

もっともっと上手くなりたいから頑張ります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。