出逢いと別れの繰り返し

昔こんな歌がありました。

「出逢いと別れの繰り返し。そんなものが人生と言うならば叫んで逃げたくなるよ。」

今ならなんとなく意味が分かる気がします。

 

こんにちは。センチメンタル伊藤です。

 

春というのは出逢いと別れの季節です。

そんなことを考えます。

悲しい想いと嬉しい想いが交差します。

昨年もたくさんの出逢いがありましたが、今年も既にたくさんの素敵な出逢いがありました。

34歳、今が1番たくさんの方と出逢えています。

でも、その一方で別れも勿論経験します。

旅立ちの季節なら尚更です。

「人は、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、一瞬早からず。」

そしてそれは自分にとってかけがえのないものになる。

自分に求める心がなければ、たとえ目の前にその人が現れても出会いや、繋がりにはならない。

そんなカッコいい言葉があるみたいです。

僕は出逢ったからにはそれっきりとか悲しく思うタイプなので、皆さんとまた逢えたら嬉しいです。

常に求める心ばかりです。

 

写真は0歳の時のサクラです。

何の関係もありません。

 

そして思い出しました。

冒頭の歌詞は恋愛の曲でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。