hair salon Gigi

ご予約・アクセス

ブログ

【栃木ボブ】をわかりやすく解説した夢を見た  |  ブログ, 伊藤の部屋

みなさんは【栃木ボブ】と言うものをご存知でしょうか?

いつだか誰かが勝手に名付けたいわゆる1つのボブスタイルである。

 

こんにちは。ボブは嫌いじゃありません美容師伊藤です。

 

ある日ご新規のお客様がカットをしにご来店してくれました。

いわゆるボブ。

そうです。

これはセットしてますが、こんな感じのボブ。

3センチ切ろうとダックカールでブロッキングをしました。

あれ?

なんかおかしいな…

ボブってこんなんだっけ?

ボブって表面こんなにスカスカなんだっけ?

 

あくまでも夢の話です。

 

そうなんです。このボブ、襟足から表面にいくにつれてどんどん軽くなってるんです。

まとまりもへったくりもありゃしません。

そりゃそうです。表面がエアリーなんですから。

内巻きワンカールなんか夢のまた夢です。

いつしか人はそれを【栃木ボブ】と呼ぶようになりました。

 

まぁ夢の話なんですけどね。

 

1人や2人じゃないんですよね。

何人もの方が【栃木ボブ】でいらっしゃるんです。

僕の先輩のお店にもいらっしゃるらしいのですが

「流行ってるの?」

って真剣に聞かれました。その人真面目なんで。

なんか…僕が言えたもんじゃないんですけど、基本の基の字もないって正直思ってしまいました。

別に僕が特別上手いとかじゃなくて。平々凡々なんですけど。

 

というか夢の話だからなんでもいいんですけど。

 

ある時はこんなスタイルの方がいらっしゃって下さいました。

一世風靡したウルフカットみたいなショートカット。

横から見るとえぐれてますよね。

この赤い線の所、ここの髪の毛めっちゃ短いんですよね。

確かに一昔前に流行った気がしますこの切り方。

15年間時が止まってるのかと思いました。

美容師なのに勉強しない人っているんですね。

あんな所えぐったらタコのように襟足ひょろひょろですよ。

夢の話ですから流石に本当にいるわけないと思うんですけどね。

 

というか絶対にみんな僕の絵心にツッコミますよね。

でも夢の中で描いたから記憶にないんですけどね。

 

美容師なんて100人いたら100人が違う仕上がりなわけで、別に何が間違ってるとかもないし何が正解とかもないと思うんですけどね。

こだわりを持ってお客様が満足してくれたらそれが正解だとは思うんです。

別に他の美容師にどう思われようが目の前のお客様を幸せにできればそれでいいと思うんですよね。

でも僕はやっぱり美容師って最低限技術ありきのものだと思ってるし、10年後どっかの誰かに「何そのカット?」って言われないように常に勉強しないといけないな。

 

って言う夢を見ました。

  • Tweet
  • いいね
  • LINEで送る

関連記事

久々の?
Birthday!!
お花見ネイル
category
popular entry
  1. HOME
  2. ブログ一覧
  3. ブログ詳細