hair salon Gigi

ご予約・アクセス

ブログ

人生の記憶の半分は18歳までに作られる  |  ブログ

2016年末にこんな話を聞きました。

なんか深いです。

「人生の記憶の半分は18歳までに作られる。」

どうやら僕の人生の記憶の半分は既に出来上がっているみたいだ。

 

どうもこんにちは。あなたの記憶に残る美容師伊藤です。

 

大人になるにつれ、1年が過ぎるのがとても早く感じますよね。

これは日々の生活に新鮮味がなくなるんです。

 

子供の時みたいに新しいものに出会ったり、チャレンジしたりする機会が減るということ。

こうやって新鮮味がなくなると時間が経つのが早く感じるのだ。

 

そして大人になると毎日が同じことの繰り返しになる。

このルーティンが時間の経過を早く感じさせてしまう。

 

人生の体感速度では、20歳で半分を終える。

20歳で人生の半分が終わってしまうのだ。

20歳までの人生の体感速度と20歳から死ぬまでの体感速度が同じであるということ。

そう考えると僕の人生はもう半分もないのだ。

ここから先の記憶は一生の半分にも満たない。

もっと青春時代を謳歌しておけば良かったと思ったりもする。

 

でもそんなことを今知ったところでどうにもできないものである。

 

体感速度で行くと残り半分にも満たない人生。

一体どれだけ記憶に残せるのでしょうか。

 

僕は今話してる知人の名前すら忘れてしまうこともあるんです。

病気かな?と疑ったりもします。

いや、病気ですよね。

 

まぁ僕の中で1番記憶に残る時代はきっと今なんだろうなと思ったり。

 

いつか終わりを迎えるこの人生。

時間は有限。

記憶の半分に残らなくても実りあるものにしたいものです。

 

さて、今日は何を記憶に残そうか。

  • Tweet
  • いいね
  • LINEで送る

関連記事

category
popular entry
  1. HOME
  2. ブログ一覧
  3. ブログ詳細