伊藤政利という男

先日DaiGoが言っていた。

メンタリストの方のDaiGoが。

「自分を表す3つの言葉を作る。」

的なことを。

相手に自分というものを強く印象付ける為にはこれを身に付けるといいみたいだ。

 

どうもこんにちは。伊藤です。

 

簡単な話だ。

自分を表す言葉なんてすぐ出てくる。

因みにDaiGoは

「心理学」「猫」「本」

だった。

この3つのキーワード=DaiGoになるわけだ。

マジカルDaiGoみたいな感じだ。

心理学と言ったらDaiGo、DaiGoと言ったら猫みたいな感じだ。

マジカルバナナがわからない人は先輩とかに聞いてみるといいでしょう。

 

僕を表す3つの言葉を考えた。

「美容師」

「フェス」

「ブログ」

だった。

 

①美容師=伊藤政利

言わずもがな僕は美容師だ。

普通に考えて美容師を印象付けないでどうするってぐらいだ。

僕は欲張りだから特に3つのことに対して秀でた美容師なのだ。(自称)

カット、カラー、そしてヘアアレンジだ。

でもここの根底としてやっぱりカットは譲れない。

カットが良いものを作れてこそカラーもヘアアレンジも際立つものがあると思ってる。

 

②フェス=伊藤政利

特に夏になると僕は休みを取る。

1年で1番楽しみな季節だ。

多分美容師で1番フェスに行っているだろう。

今年は、仙台、東京、茨城、北海道、山梨、千葉、そして年末にはカウントダウンに行く予定だ。

仕事も遊びも本気がモットーだ。

 

③ブログ=伊藤政利

本腰入れて書き続けてまだ半年経ってないが、少し栃木では有名になった。

面白いって言ってくれる人がいる。

笑ってくれる人がいる。

素直に嬉しい。

僕と言う人間がこのブログを通して少しでもわかってくれるならそれでいい。

多分栃木には中々いないであろう人間だ。

少しぶっ飛んでいる。

でもネジははずれてない。

 

この3つのキーワードとストーリーを組み合わせて相手に印象付けると忘れられない存在になるらしい。

 

これから出会うあなたに僕はこの3つの言葉を植え付けてやろうと思っている。

あなたにとって忘れられない存在になってやろうと思っている。

それが伊藤政利という男だ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。